イベント用にある「色骨白貼」のうちわとはどんなものでしょう?

圧倒的な人気の「色骨白貼」は応援用のうちわ。イベント主催者が大量に配る宣伝用のうちわとしては不向き。単価が高くキットにするとさらにコスト高。

イベント用にある「色骨白貼」のうちわとはどんなものでしょう?

うちわで圧倒的な人気があるといっても、ここにご紹介するのは応援用のうちわ。

イベント主催者が大量に配る販促用うちわとは用途が異なります。

○自由気ままに作れる応援用のうちわ。

いま女の子たちに圧倒的な人気があるうちわというと、自分たちで好き勝手に作れる「応援うちわ」です。

「色骨白貼」といって、うちわの枠と柄の部分にはカラフルな色がついています。

うちわの風を起こす部分には白い紙が貼られているだけです。

その白い紙の部分に好き勝手に文字を貼ったりデコレーションしたりして楽しめるようになっています。

文字やデコレーション用の紙は別売されていて、それを購入する仕組みです。

○単価は高めで大量配布には不向きな女子用。

色骨白貼の状態で1つのうちわの単価は200円~230円程度。

ミニサイズからジャンボサイズまでがあります。

応援用に限定するならジャンボサイズを配るのが一般的。

ジャンボサイズの一例は縦28cm×横29cm×取手13.5cmで、白貼り部分の紙はツヤありです。

うちわショップにもよりますが、骨の部分のカラーは6色~8色があります。

○色骨白貼のうちわをキットにして渡すとさらにコスト高。

イベントの宣伝をどうするか、そこに問題が残ります。

色骨白貼のうちわは、利用者にとっては自由度が高く便利なものでも、イベント主催者が告知用として配るにはコスト高になります。

また白貼なので、肝心の自社のイベント告知をするスペースが取れません。

このうちわは広告宣伝用ではないので、改めて考え直す必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加